一級建築士学科試験を独学で合格できる教材教えます!

2021年10月28日

こんにちは!ぽいずみです。

この記事では一級建築士学科試験のおすすめ教材について紹介します。

合格ロケット(旧:合格物語)

私が実際に利用した「合格ロケット」おすすめです。

私が利用した時は「合格物語」という名前でしたが、2021年からHPとともにリニューアルしたみたいです。

個人的には合格物語時代のちょっとダサい感じが好きでしたが、確かに胡散臭い感じはあったのでスマートに生まれ変わって良かったんですかね笑

合格ロケットってどんなツール?

過去20年分の過去問題を集約したツールです。

このツール一つで全科目対応可能です。すばらしい!

一問一答形式でひたすら勉強できるので、隙間時間に勉強したいときにもガッツリ勉強したいときにも使えてかなり使い勝手は良いです。

合格ロケットではスマホからも使用できるらしいですね。

私が利用していた合格物語時にはなかったサービスですが、純粋に超羨ましいです。

合格ロケットを使用した勉強方法は以下の記事をご参照ください。

⇒合格ロケットの活用方法

合格ロケットの価格は?

69,300円(税込)!!!(2021年時点)

安い!!!・・・のか?笑

まあ資格学校だと学科試験だけで70万円くらいするので、それに比べたら1/10で済むのでお買い得ですかね。

【お金と時間の無駄】一級建築士の資格学校には通う必要なし!メリットとデメリットを紹介

ちなみに私は「資格学校行く人に比べたら50万円くらいお金浮いてるし良いんじゃね?」という感じで、合格ロケット購入に合わせてsurface pro(当時は6が最新)買いました。

構造計算はsurfaceにタッチペンで書き込みながら勉強して自分のスマートさに酔いしれてました笑

ネタっぽく書きましたけど、画面に直接書き込めるのは便利でしたよ。

合格ロケットからはスマホやタブレットに対応してくれるみたいなので、格安のでiPadとか持ってたらかなり便利だと思います。

一級建築士受験対策(スマホアプリ)

一級建築士受験対策ってどんなツール?

こちらも私が実際に利用していたツール「一級建築士受験対策」おすすめです。

法規以外の科目の過問題を4択形式でひたすら解くことができます。

4択の試験本番形式で問題を解くことができるのはもちろんのこと、付属の教材がかなりおすすめです。

本当に必要最低限の情報をかなり簡潔にまとめてくれているので、勉強の導入にも読みやすいし、復習するときにもパパっと確認できます。

合格ロケットと比較してしまうと問題のボリュームは確かに欠けますが、アプリの手軽さも相まって使い勝手は文句なし。

一級建築士受験対策の価格は?

960円(税込)!!!

安い!安すぎるぞ!!!正気を疑うレベルで安い!!!

この教材の有用性を知っている私からすれば倍プッシュされても購入します。

少なくとも私が購入した時は買い切り型で、更新時も特に追加課金は不要でした。

資格学校に通っている人に勧めたとき「アプリに1,000円は払いたくないな~」とか言われたんですけど、お前資格学校に何十万円も払ってんじゃん!、と思わず突っ込みたくなりました笑

資格学校のテキストについて

一応、資格学校のテキストについても私の考えを述べておきます。

結論から言うと、資格学校のテキストは不要です。

単純に私が全く使用せずに合格できたことが根拠です。

資格学校に通っていた知人に中身を少し見せてもらったこともありますが、読んでいる時間がもったいない!というのが率直な感想でした。

テキスト読んで勉強した気になっている暇があったら一問でも多くの問題を解いた方が良いです!

独学で合格されている方でも、資格学校のテキストは何とかして手に入れましょう!ないと勉強になりません!、みたいなこと言っている方が散見されますが、別に不要です。

補足ですが、資格学校のテキストをオークション等で手に入れるのは資格学校側からは認められていません。私は資格学校が大っ嫌いですが、こういうところはしっかりケジメをつけたいですね。

一級建築士学科試験のおすすめ教材のまとめ

本記事では、一級建築士学科試験のおすすめ教材について紹介しました。

・合格ロケット

・一級建築士受験対策

私はこの二つのツールで独学一発合格できましたので、独学で勉強されている皆さんにはぜひ試していただきたいです。

合格ロケットの方は絶対的に安いというわけではありませんが、資格学校に通うことを考えれば1/10以下のコストなので検討してみてください。

それでは。