【ポケユナ】初心者のためのキャラ解説「アローラキュウコン」使い方(立ち回り・もちもの・技)

2021年12月29日

こんにちは!ぽいずみです。

この記事では、「Pokemon UNITE」のキャラクター「アローラキュウコン」の使い方について考察します。

他のキャラについては以下の記事をご参照ください。

⇒【ポケモンユナイト】勝つコツとポケモン選び

基本情報

ステータス

基本ステータス
成長ルート
通常攻撃特性
3回目の通常攻撃は強化攻撃となり、命中時に周りにいる相手のポケモンにダメージを与え、移動速度も少しのあいだ下げる。【ゆきふらし】
ゆきを降らせて相手のポケモンにダメージを与え、移動速度も少しのあいだ下げる。(ゆきを降らせるCTは8秒
「オーロラベール」以外のわざ、または強化攻撃を使うとゆきを投げつけることができ、同じ相手に何度か(4回)当てれば、相手を短時間こおり状態にできる。
技1 CTカテゴリー補足
【レベル1or3】こなゆき5秒範囲冷たい息を吹きつけて攻撃する。
わざ命中時に相手のポケモンの移動速度も少しのあいだ下げる。
【レベル4】ゆきなだれ
【レベル11】ゆきなだれ+
7秒範囲指定した場所へ冷たいこおりを噴き出して攻撃する。
こおりは壁になり、地上からは通り抜けられない。
しばらくすると溶けて崩れ、範囲内にいる相手のポケモンにダメージを与える。
アップグレード後は、わざ命中時に相手のポケモンの移動速度を少しのあいだ下げるようになる。
【レベル4】マジカルシャイン
【レベル11】マジカルシャイン+
7.5秒妨害強力な光を扇形に放って攻撃する。
わざ命中時に相手のポケモンを行動できなくする。
アップグレード後は、与えるダメージが増加し、相手のポケモンの行動できない時間が長くなる。
技名2 CTカテゴリー補足
【レベル1or3】こごえるかぜ8秒遠隔凍てつく冷気を吹きつけて攻撃する。
わざ命中時、範囲内にいる相手のポケモンにダメージを与え、移動速度も少しのあいだ下げる。
また、特に近くにいた相手のポケモンはつきとばす。
【レベル6】ふぶき
【レベル13】ふぶき+
9秒遠隔激しいふぶきを前方に2回吹きつけて攻撃する。
1回目のふぶきでは、範囲内にいる相手のポケモンにダメージを与え、移動速度も少しのあいだ下げる。
2回目のふぶきでも範囲内にいる相手のポケモンにダメージを与えるが、今度はつきとばす。
また、2回目のふぶきが障害物に当たると、その地点の周りにいる相手のポケモンにも立て続けにダメージを与える。
アップグレード後は、わざで与えるダメージが増加する。
【レベル6】オーロラベール
【レベル13】オーロラベール+
13秒能力上昇周囲にオーロラを出現させ、自分と、範囲内にいる味方のポケモンが受けるダメージを軽減する(約30%カット)。
また、わざの範囲内にいるあいだ、自分の移動速度が上がり、通常攻撃がすべて強化攻撃になる。
アップグレード後は、わざの待ち時間が短くなり(9秒)、味方のポケモンの受けるダメージがさらに軽減する(約35%カット)。
ユナイト技 CTカテゴリー補足
【レベル9】サークルネージュ133秒範囲冷たいゆきとこおりで攻撃する。
わざ命中時に範囲内にいる相手のポケモンにダメージを与える。
相手のポケモンがこおり状態になっている場合、与えるダメージが増加する。

強み(長所)

・こおり状態等で相手を妨害する能力に長けている。

・わざの習得レベルが低く、早期に活躍しやすい。

弱み(短所)

・ムーブ技がなく機動力が低いため、低い耐久力と相まって一度距離を詰められるとそのまま倒されやすい。

おすすめの技と立ち回り

レベル1~3

野生ポケモンのスティールを狙いつつ、レベリングに努める。

通常攻撃、わざ1、わざ2がすべて遠距離攻撃のため、比較的安全に立ち回ってスティールも狙いやすい。

また、わざ1では相手の移動速度減少効果、わざ2では相手を突き飛ばす効果、また、強化攻撃や特性によるこおり状態等、最序盤から妨害行動を多く備えているため、味方と連携して積極的に相手ポケモンへの攻撃も有効。

レベル4~5

レベル4になるとアローラキュウコンに進化してわざ1を覚える。

わざ1で覚えるわざは「ゆきなだれ」か「マジカルシャイン」。

どちらも相手への妨害効果を備えたわざ。

最初の集団戦までには進化しておきたいのはもちろんだが、集団戦でも使いやすい「マジカルシャイン」を採用する場合は確実にレベルアップしておきたい。

レベル6~8

レベル6になるとわざ2を覚える。

わざ2で覚えるわざは「ふぶき」か「オーロラベール」。

自身で火力を出したい場合は「ふぶき」、味方との連携を重視するなら「オーロラベール」のイメージ。

「ふぶき」は「ゆきなだれ」とシナジーが強いが、単純に広範囲で使い勝手の良い遠距離攻撃のため「マジカルシャイン」との組み合わせも悪くはない。

レベル9~10

レベル9になるとユナイトわざを覚える。

アローラキュウコンのユナイトわざは発生が早く射程も広めで使いやすい性能になっている。

もちものに「おたすけバリア」を持たせていると、自身のたよりない耐久性能をカバーできる。

レベル11~12

レベル11になるとわざ1がアップグレードする。

「ゆきなだれ+」は相手の移動速度を少しのあいだ下げる効果が付くため、移動妨害技としての使い勝手が上がる。

「マジカルシャイン+」は行動不能時間が増加して単純にわざ性能が強化される。

レベル13~15

レベル13になるとわざ2がアップグレードする。

「ふぶき+」はわざの威力が増加するためできれば早期に習得しておきたいが、アローラキュウコンはファームが早くないため無理に狙わないほうが無難。

「オーロラベール+」はCTが短縮され、さらに受けるダメージをより軽減するようになるが、「オーロラベール」を採用するときは主に味方のサポートがメインになるためこちらもそこまで早期に狙わない方が無難。

おすすめの構成

オーロラ耐久型

技1マジカルシャイン
技2オーロラベール
もちもの1ちからのハチマキ
もちもの2おたすけバリア
もちもの3きあいのハチマキ
バトルアイテムだっしゅつボタン

オーロラベールによるダメージ軽減効果を活かした構成。

アローラキュウコン自身の耐久性能は低いが、おたすけバリアときあいのハチマキを持たせることで耐久力を底上げし、オーロラベール内での盤面維持力は高くなっている。

自分の火力はそこまで高めていないため、味方との共闘が基本。

オーロラベール発動→(強化攻撃で相手の移動速度を下げる)→マジカルシャインで行動停止→とどめ、の流れが強力で、相手の攻撃をしのぎつつ攻撃できる。

要であるオーロラベールのクールタイムが13秒と長く、技を出し切ってしまうとなすすべがないため、バトルアイテムはだっしゅつボタン推奨。場合によってはだっしゅつボタンで逃げる相手を追いかけるときにも使用できる。

火力特化型

技1ゆきなだれ
技2ふぶき
もちもの1おたすけバリア
もちもの2こだわりメガネ
もちもの3ものしりメガネ
バトルアイテムだっしゅつボタン

高威力の「ゆきなだれ」+「ふぶき」のコンボ技をメインに据えた自身の火力重視の構成。

ふぶきは壁に当たった際、周囲の相手に継続ダメージを与えるという効果を持つため、ゆきなだれで壁を発生させてからのふぶきが基本の流れ。

火力を出すために「こだわりメガネ」と「ものしりメガネ」を持たせている。

残りの持ち物は安定の「おたすけバリア」。

有効な逃げの手段を持たないため、バトルアイテムはだっしゅつボタン。

「アローラキュウコン」使い方のまとめ

本記事では、「アローラキュウコン」の使い方について考察しました。

キャラ選びの参考程度になれば幸いです。

他のキャラについては以下の記事をご参照ください。

⇒【ポケモンユナイト】勝つコツとポケモン選び

それでは。