【FINAL FANTASY XV】クリア後の評価・レビュー

2021年9月27日

こんにちは!ぽいずみです。

この記事では「FINAL FANTSY XV 」(以下FF15)のゲーム全体の評価と考察をまとめます。

ストーリーごとの感想は以下の記事参照。

⇒【FINAL FANTASY XV】ボス戦攻略とストーリーの感想

戦闘について

良かった点

特殊攻撃の演出が派手

魔法攻撃、ファントムソード、召喚獣のいかにもな「必殺技」という演出は良い感じでした。

ファイナルファンタジーシリーズでお馴染みの魔法攻撃ですが、本作では使用回数に制限がある分、性能が高く演出も派手で必殺技としての色が強く出ています。

尚、魔法攻撃が味方に被弾するという謎仕様がありますが、現在はアクセサリーで防ぐことが可能なためそこまで気になりません。

また、ファントムソードのアクションがかなり楽しく、本作一番のおすすめポイントです。

仲間が一緒に戦ってくれる

アクションゲームだと操作キャラクターだけで戦うゲームが多いですが、本作品では仲間CPUが一緒に戦ってくれます。

一人だと寂しいので個人的には嬉しいシステムです。

悪かった点

乱戦時の視認性が悪い

敵が多いときにどのキャラがどこにいるのか(操作キャラクター含めて)認識しづらいです。

戦闘面では基本的に高評価ですが、ここだけはいただけませんでした。

ストーリーについて

良かった点

ストーリー全体はきれいにまとまっている。

物語の主軸は、主人公の国が帝国に襲撃される→帝国を倒すために主人公たちが世界を冒険するという流れです。

倒すべき相手は途中変わってきますが、基本的に一貫したストーリーで最終的にはきれいに話がまとまっています。

悪かった点

唐突な展開が多い

最序盤で主人公たちの国が帝国に襲撃されて、そのままクリスタルを奪われてから物語が始まります。

ゲームの世界に全く愛着が湧いていない状態での急展開で、プレイヤーの置いてけぼり感は否めません。

また、置いてけぼり感を加速させる要因として、事態は刻一刻を争うはずなのに主人公一行から緊迫感は感じられません。

旅メインのゲームと割り切って、それはそれで良いか、とプレイしていたら、チャプター9辺りから急に深刻な雰囲気を醸し出してきて、もう勝手にしてくれという思いでした…

チャプターごとの旅の目的が分かりづらい

メインストーリーでの主人公たちの寄り道が多いことに加えて、王家の力伝承+神々との契約が平行して進むため「主人公たちが今何のために動いているのか」が分かりづらいです。

せっかくチャプターが分かれているにも関わらず、取って付けたようなチャプターも混在しており、あまりチャプター分けが機能していない印象です。

その他のシステム等について

良かった点

映像がきれい

ファイナルファンタジーシリーズの特徴の一つですが、本作も例に漏れず映像がきれいです。

ゲームの仕様上、車でドライブする時間が結構ありますが、その間、景色を割と楽しめます。

悪かった点

ゲーム内のお金がシビア

本作では戦闘中の体力回復は基本的にアイテムで補う必要があるのですが、普通にストーリーだけプレイしていると全然お金が溜まらないので、あまり気軽にアイテムを使えません。

新しい装備を購入するのも選別する必要があり、それなりにストレスでした。

キャンプと宿の使い分けが面倒

本作では経験値を獲得した時点ではレベルに反映されず、キャンプor宿で休んだ際にそれまでの経験値をまとめてレベルに反映されます。

キャンプで休むよりも宿で休んだ方が経験値の倍率が高く、少しでも損をしないようにすると毎回宿に帰る必要があり面倒です。

だんだん面倒くささが勝ってきてキャンプでも休むようになるのですが、それでも損をした気分になって釈然としません。

「FINAL FANTASY XV」のゲーム全体の評価と考察まとめ

本記事では、「FINAL FANTSY XV」のゲーム全体の評価と考察をまとめました。

楽しい要素は多いだけに、いまいち練りこまれていないストーリーが惜しいゲームでした。

ストーリーには多少目を瞑れるなら、純粋にアクションRPGとして楽しめる作品だと思います。

ストーリーごとの感想は以下の記事参照。

⇒【FINAL FANTASY XV】ボス戦攻略とストーリーの感想

それでは。