【キャラメイク】ゲームでかわいい顔を作るコツの紹介

2022年1月2日

こんにちは!ぽいずみです。

この記事では、ゲームでかわいい顔を作るコツについて紹介します。

汎用的な考え方(パーツ)

まずは顔のパーツを好みの形で設定します。

顔全体のバランス確認の際に調整が必要になるので、最初はおおよそのイメージで決めて大丈夫です。

①眼

白目部分に対して黒目部分の割合が大きく、かつ、まつ毛が長いとハッキリした良い印象の眼になります。

形状は好みでOKですが、大きさの目安は「目の縦幅:目の横幅=1:2」

②眉毛

目の形状に沿う形を選びます。

③鼻

鼻筋が一直線、もしくはカタカナの「ノ」の形状になるようにします。

小鼻は丸いと幼い雰囲気、シャープにするとキレイ系になります。

④口(唇)

上唇の厚み:下唇の厚み=1:1.5」かつ「(唇全体の)縦幅:横幅=1:3」の形にします。

口の横幅は鼻の横幅の1.5倍程度を目安に、それ以下だと小さめ、それ以上だと大きめなサイズとなります。

汎用的な考え方(顔全体のバランス)

顔のパーツが決まったら、パーツをバランスよく配置していきます。

顔の全体バランス確認する際は、髪型をスキンヘッドもしくはオールバックにしてください。

(髪があるとバランス確認がしづらいです。オールバックだと生え際を意識しながら確認ができるのでお勧めです。)

①顔の輪郭

いわゆる「たまご型」の輪郭が可愛く作りやすいです。

輪郭を決める際の目安は小顔であること、エラが張っていないこと、顎が程よく出ていることです。

顎の出は、鼻先と結んだ直線(通称:Eライン)の内側に口が収まるようにすると横顔が綺麗になります。

②眉と鼻の配置

「生え際から眉:眉から鼻の下:鼻の下から顎=1:1:1」となるように配置します。

尚、眉と鼻の距離が近いほど幼い印象になります。

③眼の配置

眼の配置は眉の位置を起点に決定します。

眉に近いと彫りが深く力強い印象、眉か離れると彫りが薄くおっとりした印象になりやすいです

④口の配置

口の配置は鼻の位置を起点に決定します。

目安は「鼻から上唇:下唇から顎=1: 2」です。

鼻から上唇が遠すぎると間の抜けた顔になりがちです。

④化粧

アイシャドウ、チーク、リップを塗ります。

カラーはブラウン系を載せると無難に仕上がります。(ピンク系はかわいいですが肌の色に馴染ませるのが難しいです。)

アイシャドウは明度を下げて、チークとリップは光沢を出すとそれらしくなります。

実際に作成したキャラクター

モンスターハンターワールド:アイスボーン(PS4)

顔レシピp.1
顔レシピp.2
顔レシピp.3
プレイ画面1
プレイ画面2

理想はもう少し口を小さくしてキレイ系にしたかったのですが、口角を上げるために妥協しています。

結果としては少し幼げなかわいい系に仕上がったので満足な出来です。

Bloodborne(ブラッドボーン)(PS4)

メイキング画面
プレイ画面1
プレイ画面2
項目数値
スケール調整115,155,95,95,155
特徴付け0,185,125
顔のバランス100,145,140,185,115,105
額/眉間145,115,145,135,105,115
眉骨95,145,105
105,135,145,145
鼻筋70,140,135,155,125,115,120
小鼻115,105,155,75
95,120,125,210,130
90,120,150,90,0,135
110,85,165,55,180,155
下顎90,210,90,160,100,125,170
上顎105,185,185,75
肌色ベース右上(一番明るい白)
肌の色調155,95,135,95,185,205,70
目元145,115,115,125,135,145
口紅85,165
髪/眉/髭/まつげの色0,0,30
左上の一つ下
まつ毛左下
瞳の大きさ一番右
瞳の色40,30,50

プレイ画面だと陰影がかなり暗めに表現されるので、アイシャドウは薄目です。

鼻の位置はもう少し上げたかったですが、微調整がかなり難しいゲームのため断念しました。

口ももう少し微笑んだ雰囲気にしたかったのですが、頬に変な断層ができてしまうのでこれが限界でした。

DARK SOULS III(ダークソウル3)(PS4)

メイキング画面
プレイ画面1
プレイ画面3
項目数値
体格調整80,90,0,40,90
肌色ベースR:160、G:145、B:135
肌色詳細200,100,160,110,150,140,180,140
特徴付け0,170,0
顔のバランス120,130,190,160,200,70
額/眉間210,240,15,150,40,140
眉骨255,170,160
110,170,165,90
鼻筋120,145,135,145,100,145,170
小鼻90,120,100,0
120,90,110,120,120
195,110,110110,200,110
255,255,205,190,60,135
下顎120,120,120,145,120,130,120
上顎170,50,70,50
髪/眉/髭色R:247、G:220、B:141
右端の下から3つ目
左下
まつ毛左下
なし
まつげ左下
両瞳右上
両瞳の色R:0、G:144、B:255
化粧120,120,130,130,70,50,160,170
入れ墨なし

顔はそれなりに満足の出来ですが、肌の色がプレイ画面だとあまりキレイになりませんでした。

暗いステージと明るいステージで見え方が大きく変わりますが、もう少し色を飛ばしても良かったと思います。

また、顔レシピとは関係ありませんが、ダクソ3では装備とのバランスを考えて頭はもう少し大きくても良かったかもしれません。

かわいいキャラを作るコツのまとめ

本記事では、ゲームでかわいいキャラを作るコツについて紹介しました。

キャラメイクはゲームによって設定できる部分の種類、ゲーム画面での見え方はかなり異なります。

本記事内容をベースに、各ゲームの見え方に即した調整をして理想のキャラメイクをしていきましょう。

それでは。